社労士は中小企業の強力なパートナー!頼れる味方を見つけるためのポイントなどを紹介!

社労士は、労務関係のエキスパートとして中小企業を支える頼もしい存在です。
中小企業だけではなく大企業でも従業員が多い分影響も大きいことから、主にコンサルティングでの活躍が期待されています。
一方規模の小さな会社では煩雑な業務も含めて一手に引き受けてくれる専門家が人気で、例えば給与計算や労働時間の算定、従業員との各種トラブルに対して間に入ってサポートすることで事業を円滑に進められる人が人気を集めているのです。

社労士は中小企業の強力なパートナー!頼れる味方を見つけるためのポイントなどを紹介!

このようなパートナーとなりうる社労士は、やはり選定が必要です。
社労士と一言に行っても得意分野も領域も様々で、フットワークが軽く細かな依頼でも速やかに対応してくれる人もいれば、非常に難しい訴訟案件に対して強い人もいます。
中小企業であれば前者を選ぶことによって、効率的事業を回せますし主に売り上げなどの向上にスタッフを優先して配置することが可能です。
二人三脚で成長に寄与することができれば、双方がウィンウィンの関係になるのです。

企業が社労士に相談できる業務の範囲

社労士(社会保険労務士)は、労働保険と社会保険に関する事務手続きや管轄行政庁に対する不服申し立ての代理人に就任するなどを業務範囲にしています。
労働保険とは雇用や労災にまつわるもので、業務災害や失業などの事態をカバーするものです。
社会保険は厚生年金と健康保険の両者をカバーしています。
このほかにも主に厚生労働省や関連団体が運営する団体からの、補助金や助成金の給付申請に関連するフィールドも社労士の仕事に含まれます。
いずれも会社経営に密接に関連する分野の仕事ですが、個人事業主よりも会社法人形態の経営者の方が、相談する機会が多いといえます。
それというのも労働保険も社会保険も法人であれば、少数の社員でも加入することが、法律上義務付けられているからです。
業種によっては助成金や補助金を受給を。
経営計画に組み込んでいることもあります。
政府によるこれらの助成制度は内容が複雑で書類を揃えるのも煩雑なため、社労士に依頼する向きが多いようです。

費用相場の理解は社労士選びの基本中の基本

費用相場の理解は社労士選びの基本中の基本で、それは発注される側も受注する側も理解していなければならないことです。
弁護士や社労士といったいわいる士業と呼ばれる職種の人たちは、基本的にはタイムチャージ式で料金を決めることが多いです。
1時間数千円から専門領域や難しい領域になればそれだけ加算され数万円などになっていき、基本的に弁護士の経験数で区分けされます。
駆け出しであれば数千円ですが、様々な法令などで警官を積むと一桁増えることも少なくありません。
特にビジネスに精通している場合、会社の様々なリスクを回避するという観点から重要な判断を求められるケースも少なくないからです。
基本的には社会保険労務士事務所のホームページなどで料金表が出ていることが一般的なので、頼みたい専門領域と合致しているかも含めて検討すると良いでしょう。
専門分野によっては保険事務が得意なところもあれば、企業のコンサルティングを得意としているところもあります。

労働問題と社会保険の2つの分野がある社労士の世界

社労士は正式名称を社会保険労務士といい、弁護士や税理士などと同じく国家資格を持った者のみが名乗ることを許される専門性の高い職業です。
人事・労務関連のエキスパートとして、主に企業の総務部門からの依頼を受けてさまざまな業務に携わります。
社労士の取り扱う業務は、2つの分野に大別することができます。
1つは労働問題への関与で、こちらはコンサルタント的な仕事がメインになります。
具体的には、依頼先の就業規則や賃金規定の改廃などに関して内容の設計をしたり、関係法令との適合性をチェックしたりします。
また、労使間で紛争が起きたりした場合は、解決に向けた指導や助言を提供することもあります。
もう1つの分野は、社会保険に関わる諸事務の代理もしくは代行です。
ここで言う社会保険とは広義の社会保険、すなわち健康保険・厚生年金・雇用保険及び労災保険を指しますが、これらにかかる届出書や申請書の作成を代行したり、依頼先に官公署の立ち入り調査があった場合に対応したりするのが主な業務内容となります。

社労士と顧問契約を締結して受けられるサポートの内容

社労士と顧問契約をすることで、年間を通してサポートをしてもらえます。
年間でサポートしてもらうことで、人事労務負担を軽減することができます。
その分、本来やるべき業務に専念することができるので売り上げが上がるかもしれません。
場合により社労士に任せる方がお得になることもあります。
人事担当者を雇用するとなると1か月で20万円から30万円のお給料が発生します。
社労士と顧問契約する場合は、月数万円で収まることもあるため、安く簡単に依頼することができる場合があります。
年間を通して顧問になってもらえると、相談しやすくなり、良い関係性が築けます。
顧問ですから親身に相談に乗ってくれるうえ、状況を把握している分、的確な助言を得ることができます。
また、法改正や助成金など新しい情報を得ることができるのもメリットです。
そのため、労務管理がしっかりするようになり、従業員の方にも安心して働いてもらうことができます。
従業員が増えてきている会社や事業に関係ない業務を誰かに任せたいなどの場合は、社労士と顧問の契約を締結することがおすすめです。

社労士事務所で得意とする業界は異なる

社労士は人事や労務管理、社内環境や採用に関することをはじめとして、雇用問題や健康保険、厚生年金保険の加入手続きの代行など様々なことを行っています。
企業の中には社労士と顧問契約を結んで労働問題に関するアドバイスを受けたり手続きの代行の依頼をしていますが、それにより人件費を削減することができるのでメリットはとても大きいです。
ただ社労士事務所によって得意とする業界は異なる点は注意が必要で、失敗を防ぐためにもどの分野に精通しているのか事前によく確認することが大切です。
人事や労務管理に関しては大変なことが多く企業内で全てを行おうとするとコストがかかるのでこの道に精通した人に任せた方が良いのですが、どこに依頼をするべきかよく考えることが重要です。
社会保険労務士事務所の多くはインターネット上にホームページを開設しているのでそれを参考にするのも良いですし、実際に足を運んで社労士から話を聞いた上で決めるのも一つの方法です。

有資格者でも実務経験がないと頼りにならない社労士

社労士は社会保険労務士の略称で、社会保険労務士法に基づいた国家資格です。
社会保険や労働関連の法律の専門家として活動が出来て、人事や労務管理や社会保険のエキスパートとして働くことが出来ます。
仕事内容は多岐にわたっていて労働や社会保険関連の手続きの代行はもちろん、帳簿書類の作成や労務コンサルの提供なども行うことが出来ます。
士業と呼ばれる8つの仕事の中にある社労士は、専門性が高く有効期限や更新制度はないので一度資格を取得することで生涯活躍することが可能です。
社労士を目指したい場合には国家試験合格が必須ですが、受験資格は実務経験がない場合でも受験資格は得ることが出来ます。
社労士として働く為には、全国社会保険労務士連合会への登録が必須で実務経験がない場合には講習を修了する必要があります。
国家試験に合格して登録を終えただけでは、多くの案件が簡単に舞い込むわけではなく実務の経験を積むことで人脈づくりなどを通じて案件の依頼を取りやすくなります。

開業登録済みの社労士は実務経験があり信頼性が高い

社労士試験合格後、登録してからの働き方には大別すると2つにわけることができます。
社会保険労務士事務所に就職したり、一般企業に就職して企業内で業務に携るという方法と、開業登録して経営者も兼ねるという方法のいずれかです。
どちらの働きかたをしても、対応できる業務の範囲は同じですが、被用者と自営業者という業種の違いを指摘することができます。
実務経験の有無でいうと、合格して雇われる立場の社労士の場合はほとんど実務経験がないことも珍しくありません。
これに対して開業登録している社労士は、社会保険事務所などで”行政支援”の形で実務にたずさわる仕事に従事するため、何らかの実務経験をつんでいます。
社労士がたずさわる業務範囲は幅広く、頻繁に改正される法律や省令などに敏感になってアップデートしていく姿勢が求められます。
数ある助成制度の中から何が最適なのか、などは実務経験の蓄積で差が出る部分があるのは確かといえます。

社労士にも求められている最新のIT知識

最近では社労士にもIT知識が求められるようになってきていて、その背景には国による申請書の電子化が上げられます。
例えば労働保険を当局に申請する場合、今までは紙での申請でしたが現在はオンラインでの申請も可能になっています。
さらに給与計算や勤怠管理などは今はシステムが多く登場しており、過去社労士の仕事だったものが置き換わっている状況です。
そうすると社労士の食い扶持が無くなってくる傾向にあるため、ITに特化した分野であったり難しい労働問題を解決してくれるコンサルティング業務を請け負うなどというより複雑な業務を求められるようになってきているのです。
たとえばいくつかの労働問題があって、より法的に問題化優先順位をつけるということはコンサルティング業務にあたります。
ただこの業務もAIなどの登場によって過去の判例から導き出されるようになってくると考えられており、よりITに関する分野の理解が求められています。

チームでサポートする大規模な社労士事務所

大企業などを請け負う大規模な社労士事務所の場合、チームでサポートをとっていることも少なくありません。
例えば企業のM&Aなどを行う場合、買収する会社に労務問題がないかを点検し必要に応じて改善対応をするケースがあります。
そうすると業務量が非常に多くなったり、場合によっては専門的な知見から提言を求められる場合もあるからです。
これを社労士一人で行うとどうしても知識が偏ってしまうこともあるため、様々な得意分野を持つ人たちと連携して進めることが増えてきています。
特に海外と日本では法体系なども異なるため、覚えることが違うという点もあり海外の事務所と連携してプロジェクトを遂行するということもあるからです。
このような体制がそろっている事務所自体はあまり多くはありませんが、そこで働くことができれば多くの経験を積むことができるためスキルアップにつなげることができるでしょう。
その分英語やITスキルなどのレベルも求められます。

小規模な社労士事務所は中小企業におすすめ

社会保険労務士事務所のなかにも規模の違いがあります。
法人なりしている大手の事務所から、本職1人に事務員数人程度の小規模な事務所までまちまちです。
社労士の業務は労働保険と社会保険の手続きに関連するものです。
労働者の労働保険料や社会保険料などは、毎年年度更新を迎えるので、依頼先企業が大手企業の場合だと、労働者の数だけ事務負担が増えることを意味します。
つまりマンパワーを確保しなければ対応できないので、大規模な社労士事務所が最適といえます。
これに対して従業員数が少ない中小企業であれば、毎年の年度更新手続きに際して必要な人員も少人数ですませることができます。
したがって中小企業では小規模な社労士事務所に依頼するのが、コスト負担も踏まえると最適という結論になります。
規模が大きければ安心感が高いようにも思えますが、人件費を捻出する必要もあり費用対効果の面も踏まえると必ずしも満足できる結果につながらない可能性があります。

社労士事務所は訪問のしやすさも重要なポイント

社労士は人事や労務管理のような労働関係の仕事から健康保険や厚生年金保険の手続きまで様々な業務を行うので需要がありますが、労働基準法や労働者災害補償保険法、雇用保険法のような法律に詳しいのも大きな魅力です。
雇用保険法にも精通しているので雇用保険料についての相談にも応じていますし、健康保険や厚生年金保険に加入する際の手続きの代行も行っているので重宝している企業が多いです。
ただ社労士として多くの仕事をもらうには法律に精通し誠意をもって業務を行うだけでは足りない面があり、クライアントに気軽に来てもらうことも大切です。
社労士事務所は訪問のしやすさも重要なポイントとなり仕事ができても行きづらい雰囲気だと来てもらえませんし、仕事も増えないので大変な思いをすることもあります。
与えられた仕事を着実に熟すことはもちろんのこと多くの人が訪問したくなるような雰囲気づくりも大切なので、社労士事務所を開設する場合にはその点に注意をすることが重要です。

わかりやすい料金システムの社労士事務所

社労士は人事や労務管理、雇用関係に関する労働問題から健康保険や厚生年金保険の加入手続きなど幅広く活動していることもあり、顧問契約を結び様々なアドバイスを受けている企業が沢山あります。
常時10人以上の労働者を雇う場合には就業規則を作成しなければならず負担に感じている企業も多いのですが、作成業務も行っているので貴重な存在として重宝しているところも多いです。
複雑化している年金などの社会保険制度にも対応し企業と労働者の間でトラブルを防ぐための活動も行っているので大変頼りになりますが、社労士事務所に相談に乗ってもらう際には依頼するところを慎重に考えることが大切です。
社労士事務所の多くは料金システムをわかりやすく表示しているのでそれを参考にして決めることができますし、事前に見積もりを出しているところもあります。
また社労士事務所によって得意分野が異なり実績も違うので、その点も考慮してよく確認した上で依頼するところを決めることが重要です。

レスポンスの速い社労士は頼りになる

社労士は社会保険労務士のことで企業からの依頼によって、労働社会保険の手続きを代行したり労務管理の相談や指導にあたるのが主な仕事内容です。
社労士は国家資格で8つある士業の中でも専門性が高く、一度資格を取得すれば生涯活躍が出来る職業です。
社労士になる為には社会保険労務士試験の合格が必要で、全国社会保険労務士連合会で社会保険労務士名簿への登録が必要です。
企業側にとっては社会保険や労働保険の手続きや給与計算や労務管理のコンサルティングや、国や自治体によって違う補助金や助成金の申請のアドバイスや就業規則や規定の見直しについての相談など専門家でなければ分からないことを細かく相談出来る心強いパートナーとなります。
依頼をしたのにレスポンスが遅く、いつまで経っても進捗が確認出来ない状態では問題が悪化してしまうことにも繋がります。
レスポンスの早い社労士を探すことで、手続きの代行やコンサルティングや詳しい相談などがしやすく企業の健全な経営にも良い影響をもたらしてくれます。

長く付き合う上で大切な担当社労士との相性

労働問題や雇用問題から年金問題まで様々な事案を扱う社労士はとても大切な存在で、経営者にとって貴重なアドバイスをしたり年金について困っている人の相談に乗ったりしています。
特に労務管理は複雑なことが多く間違いがあると大変なことになるので心配している経営者も多いのですが、こういった悩みにも上手く対応してくれるので必要不可欠な存在であると言えます。
経営者の中にはどこの社会保険労務士事務所に行って話を聞くのが良いのか戸惑っている人もいますが、得意分野は社労士によって違うので予めホームページを確認して利用するところを決めるのも一つの方法です。
それに加えて親睦を深めるのも大切で自分の考えをよく理解してもらうことにより何を欲しているのか相手は直ぐに理解しますし、スムーズに事が運ぶので意思疎通を図るのは重要なことです。
長く付き合うことで担当社労士との相性がわかってくるので、一つの事案が解決したらそこで終わりにするのではなく何かあったら同じ社労士に頼みお互いの性格を知ることが大切です。

社労士を活用するメリットとは?プロが解説

社労士を利用することで得られるメリットは多岐にわたります。 まず社労士は労働法や社会保険に関する専門家です。 このため、最新の法改正にも対応できる知識を持ち、企業の人事労務管理を適切に支援します。 例えば、社労士は労働契約の作成や更新、給与計算、社会保険手続きを代行することが可能です。 これにより、社内の人事担当者が本来の業務に集中できるようになり、企業の生産性向上に貢献します。 また社労士は職場の環境整備においても重要な役割を果たします。 職場のハラスメント問題やメンタルヘルス、労働安全衛生などの分野で相談や対策立案を支援し、働きやすい環境づくりに努めます。 社労士による適切なアドバイスは労働者のモチベーション向上や離職率の低下にもつながります。 さらに、リスクマネジメントの観点からも社労士の専門性は大きなメリットです。 労働関連のトラブルや訴訟が発生した際には、社労士は法的アドバイスや対応策を提供し、企業のリスク低減に貢献します。 社労士に相談することで潜在的な問題を未然に防ぐことができるのです。 それゆえに、多くの企業が社労士との協力関係を築き、安心して事業運営に専念できる体制を整えています。 最後に社労士のサポートは企業のコスト削減にも繋がる場合があります。 専門的な知識を持つ社労士により正確に行われた手続きは、不必要な過誤や手直しを防ぎ、時間とコストを節約することにつながるのです。 これらのメリットを踏まえ、企業が社労士との連携を考えるべき理由は十分にあると言えるでしょう。

社労士が解説する!職場のトラブルを未然に防ぐ方法

職場で発生するトラブルは、従業員の士気を下げ、業務の効率を損なうことがあります。 社労士に相談し、対策を講じることで、こうした問題を未然に防ぐことが可能です。 人事労務に精通している社労士は、職場のコミュニケーションの改善、適切な業務分担、メンタルヘルス対策など、多方面でサポートを提供します。 具体的には、社員間のコミュニケーションをより円滑にするための研修や、職場のルールを明確にするための就業規則の作成支援、適正な労務管理を行うための助言などが挙げられます。 また、社労士は法律の専門家でもあるため、法改正に伴う手続きの更新や、労働基準法に基づいた適正な労働環境の整備にも助言が可能です。 トラブルを回避するためには、事前のコミュニケーションが重要であり、そのための環境作りに社労士が役立ちます。 社員教育やセミナーを通じて、従業員一人ひとりが労働法規に関する知識を深めることも、トラブルの防止に繋がります。 職場内のトラブルを減らすことは、健全な企業運営にとって不可欠な要素です。 社労士の専門的なサポートを受けながら、より良い職場環境を築いていきましょう。

社労士が解説、職場の男女比の均衡とその重要性

現代のビジネスシーンでは、男女比の均衡が、企業の成長やイノベーションの源泉として重視される傾向にあります。 多様な価値観やアイディアが生まれやすい環境は、社会全体の活力を高めると共に、企業や組織にも新しい視点を提供します。 社労士はこの点に注目し、職場の人事や労務管理において、男女平等な意識を持って取り組む事が推奨されています。 男女比の均衡は、ワークライフバランスや福利厚生の充実とも深く関わります。 例えば、産休や育休の制度を男女問わず利用しやすい環境を整えることは、職場の多様性を保ちつつ、従業員が長期的に働きやすい職場環境を整える一助となります。 社労士はこうした環境作りにおいて中心的な役割を担う専門家であり、法律に基づいた適切なアドバイスが期待される職業です。 また、男女比の均衡を図ることはコンプライアンスの観点からも重要です。 特に、男女雇用機会均等法や育児・介護休業法などの法令に遵守し、性別に関わらず公平な機会を提供することは、企業の倫理規範の強化に繋がります。 社労士はこれら法令遵守のサポートも行い、企業が社会的責任やリスク管理を適切に行うための支援を提供します。 このように職場での男女比の均衡は、従業員の満足度やモチベーションの向上、法律遵守の観点からもメリットが多く、社労士の知識と経験はここで大きな価値を有します。 想像力豊かで柔軟な意思決定が行える職場環境を作るためにも、社労士の役割は今後さらに重要になるでしょう。

社労士資格が活きる職場とは?キャリア形成を考えよう

多くの人がキャリア形成の一環として様々な資格に挑戦しています。 中でも人事や労務管理に関わる専門的な知識と技能が求められる社労士資格は、法律に基づいたアドバイスができる専門職として注目されています。 社労士は法改正情報をいち早くキャッチし、企業の人事・労務部門で大きな役割を果たします。 また、独立開業をして企業を外部からサポートするコンサルタントとしての活躍も期待できます。 これから社労士の資格を取得しようと考えている方にとって、具体的にどのような職場で力を発揮できるのかを知ることは重要です。 企業内では社労士は就業規則の作成や改定、給与計算、社会保険手続きなど企業のコンプライアンスを守る必須の仕事を担います。 企業の人事部であれば、社労士資格はキャリアアップに直結する可能性が高くなります。 独立して開業する場合、社労士は企業から委託を受けて成果を出すことで信頼と実績を構築し、一人前のコンサルタントとしての地位を確立することができます。 社労士資格を生かすには、法律知識だけでなく現場での経験を積むことが不可欠です。 そのためには、人事労務の仕事に関心を持つこと、常に最新の情報にアンテナを張ることが重要となります。 さらに、対人スキルも磨くことで、クライアントや社内の関係者と円滑なコミュニケーションを取りながら業務を進めることができるでしょう。 そしてより専門的な知識を求められる時には、資格を活かすための継続学習が求められるのです。 社労士資格を取得することは、自己のキャリアを豊かにするだけでなく、多くの企業や労働者に確かな貢献をすることにも繋がります。

社労士が教える!年齢ごとのキャリアプラン

社会人としての歩みをスタートさせたときから、退職を迎えるその日まで年齢に応じたキャリアプランを立てることは非常に重要です。 そこで社労士が、年代別に留意すべきポイントを解説します。 20代のうちには、専門性を高める基盤づくりと自己分析に力を注ぎましょう。 また、30代になれば、経験を積みリーダーシップを発揮するフェーズへと進む必要があります。 そして40代では、自己のスキルや経験を活かしながら次世代の育成に関わることが求められます。 50代に至っては、これまでの経験を総合的に活かし、蓄積された人脈を駆使してさらに高い業界への貢献を目指します。 このように、年齢を重ねるごとにキャリアプランの焦点は変わりますが、一貫して重要なのは終始自己成長を念頭に置くことです。 社労士は、個々のライフステージに合わせたキャリアプランの提案や、社会保険制度を利用した福利厚生の整備を通じてサポートします。 年齢を重ねるごとに増える責任と役割、変化する環境に柔軟に対応できるよう持続的な自己研さんを忘れずにいたいものです。

社労士に関する情報サイト
社労士についてお教えします

社労士は、労務関係のエキスパートとして中小企業を支える頼もしい存在です。中小企業だけではなく大企業でも従業員が多い分影響も大きいことから、主にコンサルティングでの活躍が期待されています。一方規模の小さな会社では煩雑な業務も含めて一手に引き受けてくれる専門家が人気で、例えば給与計算や労働時間の算定、従業員との各種トラブルに対して間に入ってサポートすることで事業を円滑に進められる人が人気を集めているのです。

Search