社労士は中小企業の強力なパートナー!頼れる味方を見つけるためのポイントなどを紹介!

社労士にも存在している得意と苦手な分野

社労士にも存在している得意と苦手な分野があることは、実はご存じないかもしれません。
例えば弁護士の場合、六法全書などの大きく6つの法律がある中で全てに精通している人は存在していないのです。
たとえばビジネスであれば会社法に精通していたり、破産法などの管財人弁護士として領域を展開しています。
ニュースなどでよく出てくる刑事事件では刑法に精通している弁護士が出てきていて、すべて領域が異なります。
社労士も同様で、同じ労働法といいっても保険分野を得意とする人もいれば訴訟などに強い人もいます。
また海外の法令などにおける労働問題に強い人もいれば、給与計算などの事務処理を代行していることを専門分野とする方もいるのです。
このように何かを業務委託する場合は、苦手分野をお願いすると良い成果にはつながらなくなるため、必要に応じて専門分野に精通した方を探したり紹介してもらうという手段を講じることで解決につながることも多いのです。

社労士と業務委託契約を結び業務円滑化を図る

社労士と業務委託契約を結ぶことは、結果的に業務円滑化につながります。
社労士とは社会保険労務士のことで、人事労務の専門家でありエキスパートです。
労務関連の法律から実務まで精通していて、企業が関連業務を委託することも少なくありません。
最近では給与計算システムや勤怠管理システムが登場したため、このような実務は減っている状況で、現在は主に法改正に伴う制度設計やコンサルティング業務を主としています。
新たな雇用をする際の雇用条件に対するアドバイスや、法改正に伴う就業規則の変更対応など主に上流工程を行うイメージを持つと分かりやすいです。
また労務コンプライアンス上のリスクを助言したり、過去の判例などから優先順位を明確化することも可能なので企業側からすれば対応業務の判断にも役に立ちます。
実務などは社内やシステム会社などに依頼して、個別の相談については顧問契約を結ぶなどすればリスクを減らしたり従業員とのトラブル回避にもなるでしょう。

社労士に関する情報サイト
社労士についてお教えします

社労士は、労務関係のエキスパートとして中小企業を支える頼もしい存在です。中小企業だけではなく大企業でも従業員が多い分影響も大きいことから、主にコンサルティングでの活躍が期待されています。一方規模の小さな会社では煩雑な業務も含めて一手に引き受けてくれる専門家が人気で、例えば給与計算や労働時間の算定、従業員との各種トラブルに対して間に入ってサポートすることで事業を円滑に進められる人が人気を集めているのです。

Search